岩瀬 直樹

岩瀬 直樹

幸せな子ども時代を過ごせる新しい学校を創ります。私は公教育の可能性を信じています。子どもが持つ学ぶ力を信じています。教員の力を信じています。それらが最大限発揮される学校とはどのような形でしょうか。これまで学級で実践してきたことを出発点に、子どもも大人も「こんな学校に通いたい」「こんな学校を増やしたい!」とワクワクする学校を、一から創っていきます。

Q1自分のことを一言で表現すると?

着想と内省を愛す

Q2苦手なことは?

早起き、茶碗蒸し、モンブラン。

Q3これから始めてみたいことは?

大工仕事

Q420年後の私と軽井沢風越学園はどうなっている?

全国に似たコンセプトの学校がたくさん増えている。その学校を、のんびり旅行しながら参観して歩く。

岩瀬 直樹

Profile

1970年、北海道生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了。埼玉県の公立小学校教諭として、4校で22年間勤め、学習者中心の授業・学級・学校づくりに取り組む。2008年度埼玉県優秀教員表彰。2015年に退職後、東京学芸大学大学院教育学研究科 教育実践創成講座 准教授として就任。学級経営、カリキュラムデザイン等の授業を通じて、教員養成、現職教員の再教育に取り組んだ。
2016年12月、一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団設立に参画し、副理事長就任。2019年10月学校法人軽井沢風越学園設立、理事就任。軽井沢風越学園の校長、軽井沢風越幼稚園の園長に就任予定。教師教育学会所属。3児の父。

(主な著作)
『せんせいのつくり方“これでいいのかな”と考え始めたわたしへ」(旬報社、2014年)(共著)
『最高のチームになる!クラスづくりの極意』(農文協、2011年)
『最高のクラスのつくり方』(小学館、2010年)他