じっくり たっぷりゆったり まざって遊ぶ 学ぶ 「    」になる

かぜのーと

子どもたちの遊びと学びの様子、日々生まれるスタッフの問いや気づきなど、学校づくりのプロセスについて、なるべくそのまま正直にお届けします。

 

いちばん身近な社会の人でありたい(佐々木知範)

いちばん身近な社会の人でありたい(佐々木知範)

スタッフインタビュー

佐々木 知範 2020年7月8日

NHKで番組制作ディレクターをしていた、佐々木知範(通称:ササ)。昨年末、学校や教育とは全く異なるフィールドから軽井沢風越学園へジョインし、現在は事務局…

記事を読む

田んぼの草取り

田んぼの草取り

この地とつながる

斉土 美和子 2020年7月8日

一覧を見る

大切にしたいこと

軽井沢風越学園は、子どもも大人も「つくる」経験を、 じっくり、ゆったり、たっぷり、まざって積み重ねていきます。

 

本気で手間をかけて「つくる」ことに没頭し、ときには不安や不安定さを味わいながら「つくる」ことに挑戦していきます。

 

私たちは子どもこそがつくり手であることを信じています。

詳しく見る