斉土 美和子

斉土 美和子

協力スタッフ

浅間山の麓に来て18年。たくさんの命に出会ってきました。淡々と生きる命、躍動する命、そして必ず限りある命。生きるって大変だけど面白い。そんな命が輝く瞬間を傍らで見ていたい。一緒に味わいたいです。

Q1自分のことを一言で表現すると?

晴れ女

Q2苦手なことは?

高いところ

Q3これから始めてみたいことは?

釣り

Q420年後の私と軽井沢風越学園はどうなっている?

風越学園は地域の人々の拠り所になっていて、私はそこに漬物もってお茶飲みに行くおばあちゃんになっている。