風越 参観記 2021年5月31日

「かざこしミーティング」見聞録その2(青木 将幸)

かぜのーと編集部
投稿者 | かぜのーと編集部

2021年5月31日

みなさん、こんにちは。ファシリテーターの青木マーキーです。
2021年5月26日のこと。軽井沢風越学園(以下、かざこし)の全校集会にあたる「かざこしミーティング」を見学しました。前回見学したのは2020年10月末のことだったので、実に7ヶ月ぶりです。

爽やかに晴れたこの日は、前期・後期で分かれてのミーティングで、僕は後期の皆さんがあつまっている様子を見学。前回訪れたときは、スタッフのとっくんが進行していたのですが、どうやら、今回から子どもたちによるファシリテーター・チームに完全移行したもよう。とっくんが一言も発さずに、横で見守っています。

「もうちょっと、前のほうに詰めて座ってください」と、こどもファシリテーターから声がかかります。
「みんな立ってください。まずは、じゃんけんの遊びをしよう」というと、全員立ち上がります。遊びから入るって、ステキ。全校集会は、整列と前ならえと、校長の挨拶から入るものだという思い込みを、この子たちは持たないで育つんだろうな。

じゃんけんは、勝ち残りシステムで、最後の優勝者には賞品があります!とルール説明がなされ、みな、はりきって参加。見学オジサンは3回目で負けましたので、おとなしく座ります。最後まで勝ち残った人には「みんなに、何か言える権利」がプレゼントされました。誰かがすかさず「そんなんだったら、負けてよかった」と突っ込みます。あな、おもしろし。

続いて「お知らせタイム」なるものが始まりました。チーム、個人にかかわらず、大人こどもに関わらず、皆さんにお知らせしたいことがある人は、どうぞ!と進みます。すると
・黒曜石のことを調べているので、いっしょにやりたい人はどうぞ
とか
・今夜は皆既月食なので、夜、8時ごろ月をみましょう
とか
・このあいだ校舎内に鳥が迷い込んだけど、みんながあんまり注意して騒ぎ立てると、鳥も脅えて逃げられなくなるから、やさしく見守りましょう
といったアナウンスがされました。

スタッフからも
・最近ニラが安くなってきたので、おいしいニラの食べ方があったら教えてください
とか
・誰かが話しているときは、その人に体をむけて、丁寧にきこう
とか
・工具類を使う「匠」の制度を来週から見直します
といった、アナウンスがされていた。大人も、子どもも、言える、というのがよい。

よくみると、ファシリテーター・チームの誰かが、それらをホワイトボードに板書している。うん、どういうお知らせがあったのか、これがあると一覧できて、よい。板書はいつも、有効だ。声は消えてなくなるが、書いた文字はなくならないで、残る。皆さんにお知らせをきちんと届けるにはよい方法だ。

ファシリテーター・チームには、男女あわせて7−8人が関わっているように見えた。声の大きな子もいれば、そうでない子もいる。進行は、必ずしもスムーズでないときもあるが、壇上で、お互いに相談したり、足りないところをカバーしたり、声が小さいとなると、マイクを持ってあげたりして、支え合っている、いいチームだ。

お知らせタイムが終わると、後半はミーティング。分科会に分かれて話し合うらしい。「おかしのゴミが捨てられている問題」「よりよい放課後にするには?」「修学旅行に行こう」「学力向上」など、集まったテーマは10を超えていた。どうやら継続して審議しているらしく、すでにそのテーマに名前を連ねている子と、今回から、分科会に合流する子がいるらしい。ファシリテーターが「じゃあ、もうどの分科会にゆくかが決まっている子は、テーマの子の後にならんで、決まってない子は、前から見て、行きたいテーマを選んで」と指示をだす。

世の中の全校集会が情報伝達のみの一方通行になってしまうのは、グループ・サイズが大きいまま進行するから。かざこしでは、「関心別分科会」をつくって、6−10人ぐらいの小グループで話し合っていた。会議を参加型にするためには、グループ・サイズを変えるのが、とても有効だ。かつ、自分が関心のある議題にゆくことができれば、自然とモチベーション高く話せる。スタッフは、皆が分かれた様子を見て、1人ずつサポート的に入っていた。

今回からの工夫なのか、全グループに「ミーティングの進め方」と「議事録シート」と、ミニホワイトボードが配られていた。見ると「お互いの顔が見えるように座れている?」「話し合いの記録が見えるように座れている?」など、会議の場づくりのコツや、「ミーティングが終わったら、次までにやることを確認する」「議事録シートをファシリテーター・チームの人にわたしたら、それぞれ次の時間へ」といった手順が書かれている、すばらしいシートだ。たっぷり45分ほどの分科会の時間がとられて、校舎の好きな場所にちらばって話し合っていた。

僕は「放課後をよりよくする」というテーマの分科会を見学させていただいた。「見学してもいい?」ときくと、僕が何者かを名乗る前に「どうぞ、どうぞ」とウエルカムされた。このあたり、さらっと受け入れていただけるのは、かざこしの素晴らしいところ。

「放課後をよりよくする」の分科会では、かざこしミーティングのファシリテーター・チームとはまた別の子がファリテーターや記録係りを担当していた。3年生から中学2年生までの異年齢が「放課後、もうちょっと長く遊べるといいよね」「もうちょっと、って、どれぐらい?」「16:30までだと、ほんと短いもんね」「できれば18時まで使いたいなぁ」「それじゃあ、長すぎるよ」「よし、じゃあ17:30でどう?」「お、それぐらいだといいね」「でも、それってスタッフにとって負担が大きいんじゃない?」「●●ちゃんのお母さんが、代わりに見に来てもいい、って言ってるよ」といった意見を、ばんばん出してゆく。「よし、じゃあ、全スタッフにアンケートをとって、放課後子どもをみるゆとりがあるかどうか、聞いてみよう」とか「放課後残っている子どもにアンケートをとって、どれぐらい残りたいか、残って何をしたいかを聞こう」「保護者にもアンケートをとって、協力してもらえそうな人がいるか聞いてみよう」という流れになった。アンケート大作戦だ。「じゃあ、次回のミーティングまでに、誰かアンケートをつくりたい人」というと何人も手があがり、その子たちは別途集まって草案を練ることになった。

あっという間に、結論にいたり、かざこしミーティングの終わりの時間がやってきた。途中、ファシリテーター・チームがまわってきて「がんばってね」とか「終わったら議事録をHB7の部屋へ」といったアナウンスをしていった。

僕は、爽やかな気持ちになったり、勇気づけられる気持ちになったり、驚いたりしながら、よい時間を過ごせました。かざこしで日常的に行われているのは「私たちの学校を、私たちがつくっている」というプロセスなんだなぁ。ありがとうございました。

補記:
僕はあまりに、うれしくなって、毎朝更新している「会議が上手になるラジオ」で「ファシリテーター・チームへのお手紙」を、読み上げさせていただきました。聞いてみたい方は、以下のリンクへどうぞ。
https://www.himalaya.com/episode/138399273

かぜのーと編集部

投稿者かぜのーと編集部

投稿者かぜのーと編集部

かぜのーと編集部です。軽井沢風越学園設立準備のプロセスを多面的にお届けしたいと思っています。辰巳、三輪が担当。

詳しいプロフィールをみる

感想/お便りをどうぞ
いただいた感想は、書き手に届けます。