毎日うろうろ 2020年5月31日

風越づくり2日目。

岩瀬 直樹
投稿者 | 岩瀬 直樹

2020年5月31日

はじまりの日、分散登園・登校と続いて、いよいよ明日は通常登園・登校。3回目の「開園・開校」です。

本来は春休みに「風越づくり」(開校準備)を、子どもー保護者ースタッフで一緒に行う予定でした。4月7日からは3泊4日で「風越づくりキャンプ(学校に希望者が泊まって学校をつくるキャンプ)」の予定でした。

しかしオンラインスタートでその企画は延期となり、刻々と変わる状況の中でついついぼくは「自分たちでなんとかしなくては」というモードになってしまっていました。つい従来の枠で考えてしまう。今起きている問題を解決しようと近視眼的になってしまう、そんなところを行ったり来たり。

そんな時、ゴールデンウイークに保護者のお一人から「一緒に悩みましょう!」とメッセージがあり、数日後にウタロウとシュウゴのインタビュー「学校をつくりに風越に来た」がありました。その2つのできごとのおかげで、ぼくは「子どもも大人も、つくり手である」というところにしっかり戻ってこられた感じです。

「風越づくり」の2日目は、学園全体を覆う熱量みたいなものを感じました。子どもも大人も忙しそう。「時間が足りない!」とそれぞれが本気になって、ヘトヘトになりながらも、でもどこか楽しそうに一緒に仕事をしていました。

2階のルームのデザイン、無事完成。大人じゃ思いつかない大胆な配置。

「文系の部屋」。密にならない配慮も行き届いています。デザイナーとともに記念撮影。

異年齢でも使いやすいようにあえてテーブルの高さを変えているそう。完成を祝ってチームで乾杯。

算数・数学の部屋。全部違う並びが素敵。ここで1日からどんなことが起こるのだろう。

あえてテーブルを置いていない!

全てのルームが全く違うデザイン。これからどんな風に使われていくか追跡調査もするようです。どんどん配置も変わっていくかもしれません。いつかこのチームの4人がこのプロジェクトの記事を書いてくれるでしょう。

体育館、グラウンド、エレベーターの利用ルールも自分たちでつくってみます。

「エレベーター乗ってみないとルール作れないよね!乗っていいよね!」とスタッフのさんだーに交渉していました(笑)

担当になった人たちが、まずは責任をもって決める。あとは運用しながらよりよく変えていきます。たくさんの右往左往があるだろうな。

 

ラボでは、外にとりつける柵を制作中。

こちらは雑巾がけづくり。自分たちでかんなをかけた木材はツルツルです。

理科室。鹿の角を飾る台、漏斗台をそれぞれ作成中。

本の登録も専用の端末でせっせと。すごい分量なので大変。

エリア別にシールをはっています。ライブラリーも自分たちで育てていきます。

全部は終わらなかったけれど、そもそも風越づくりはプロセス。ここがスタートです。(とはいえ、もっと準備できたなとか、もっと任せられたはずなど反省点は山のように…)

子どもとスタッフで「風越づくり」をやっている間、同じ時間にオンラインでは大人が一緒に風越をつくる場、「だんだん風越」の企画ミーティングが行われていました。企画運営メンバーだけでなんと40人超。こちらに参加していた寺中、佐々木は、「いい場だった」と感慨深げでした。からだが2つあったらよかった。

子どもも大人もつくりはじめた1日。

わたしたちはどこに向かいたいのかという問いに何度も戻りつつ、オンラインも校舎もどちらも大切にして、「わたし(たち)の未来をわたし(たち)でつくる」冒険にあらためて出発です。

楽しみだー!

岩瀬 直樹

投稿者岩瀬 直樹

投稿者岩瀬 直樹

幸せな子ども時代を過ごせる新しい学校を創ります。私は公教育の可能性を信じています。子どもが持つ学ぶ力を信じています。教員の力を信じています。それらが最大限発揮される学校とはどのような形でしょうか。これまで学級で実践してきたことを出発点に、子どもも大人も「こんな学校に通いたい」「こんな学校を増やしたい!」とワクワクする学校を、一から創っていきます。

詳しいプロフィールをみる