風越のいま 2021年6月20日

ひとりの時間

本城 慎之介
投稿者 | 本城 慎之介

2021年6月20日

第12週。

ひとりで過ごしている子どもの姿、好きです。そっとしておいてあげたい。そっとしておいてあげてほしい。

周りの音も聞こえず、誰かの姿も景色も見えず、「いま、ここ」を味わいつくしている。いまここにある世界と自分の世界が、内側でしっかりとつながっているんだろうな。

ひとりの時間をたっぷりとっているのは、ちいさい人たちの方が多いんじゃないかな。おおきくなるにつれて、外側に意識が向く時間がぐっと増えていき、外側に行動を合わせていくようになる。そうして内側とはどんどん離れていき、いつしかそこに戻りづらくなっていく。

ちいさい人たちのようにひとりの時間を味わうこと、おおきい人にどうすれば伝わるかなぁ。
(#300文字作文)

 

#300文字作文

本城 慎之介

投稿者本城 慎之介

投稿者本城 慎之介

何をしているのか、何が起こっているのか、ぱっと見てもわからないような状況がどんどん生まれるといいなと思っています。いつもゆらいでいて、その上で地に足着いている。そんな軽井沢風越学園になっていけますように…。

詳しいプロフィールをみる

感想/お便りをどうぞ
いただいた感想は、書き手に届けます。