風越のいま 2021年4月20日

はじまり、をはじめる。

三輪 ひかり
投稿者 | 三輪 ひかり

2021年4月20日

新しい環境、新しい人間関係、新しい時間のながれに、心もからだもそわそわしちゃう年度はじまり。

その中でも、“わたしの場“として風越での生活をスタートする子どもたちの姿に、「おぉ」と思う。

手押し車でシートと絵本を運び、自分のホーム(西の国)を用意する。

この坂道登りづらいんだよね、と階段をつくる。

「ひがしのくににいえつくろうよ!」木を運んでは組む、を繰り返す。

外でも本が借りれたら素敵じゃない、と青空の下へ書店をオープン。

場を整える、自分の居場所をつくるということから、一日を、生活を、はじめる。
その一つひとつから、場や人を知るだけでなく、自分のものにしていくということを始めているんだろうなあ。

(#300文字作文)

三輪 ひかり

投稿者三輪 ひかり

投稿者三輪 ひかり

フリーランス編集者/ライター/保育者。普段は、神奈川県にある葉山町で暮らしています。心地よさと満たすこと、をたっぷりと。暇さえあれば、散歩に生け花。

詳しいプロフィールをみる

感想/お便りをどうぞ
いただいた感想は、書き手に届けます。