寺中 祥吾

寺中 祥吾

人と町と海と山が手の届くところにある長崎県長崎市の出身。アンディと呼ばれています。
これまで野外教育や経験学習を入り口に、人や集団の学びと成長に関わってきました。最近心に留めている言葉は、健康と発揮。風越学園は、そこにいる誰もが自分の関心や能力をまるごと発揮できる場になっていきます。

Q1自分のことを一言で表現すると?

まえむきネクラ

Q2苦手なことは?

怒ること、落下系絶叫マシン、こちょこちょ、乗り物酔い

Q3これから始めてみたいことは?

用事がなくても、友達に連絡すること。地元の友達、元気にしているかな。

Q420年後の私と軽井沢風越学園はどうなっている?

暮らしたい場所に家族と一緒に暮らしている。風越学園では、子どもたちが企画した「学校を作り続ける」というシンポジウムに初期メンバーが呼ばれて、みんな好き勝手なことを話している。